COMPANY / 会社情報

GREETING / ご挨拶

緑豊かな山々と清流・長良川に抱かれ、古くから和紙生産が盛んな岐阜県美濃市。1934年創立以来、大福製紙は「優れた製品を作り、社会に貢献する」という基本理念のもと、美濃和紙の「均一で、美しく、強い」という伝統技術継承に努めると共に技術革新を進め、特殊紙の可能性を追求してまいりました。お陰さまで、粘着テープ、電子・電子材料などの工業用資材用途から衣料や化粧品用などの生活素材用途まで、様々な分野のお客様にご使用頂いております。
今後は自然環境との調和をはかり、更なる可能性を求めて基本技術の高度化を進め、社員と共に一丸となって新たな分野への開拓に挑戦し続けていく所存です。
今後とも皆様の一層のご支援とお引立てを賜わります様、お願い申し上げます。

代表取締役社長 松久 豊太郎

代表取締役社長 松久 豊太郎

OVERVIEW / 会社概要

会社名 大福製紙株式会社
所在地 〒501-3716 岐阜県美濃市前野422番地
連絡先 TEL.0575-33-2131 / FAX. 0575-33-2135
事業内容 特殊紙の開発・製造販売
設 立 1934年(昭和9年)
資本金 5,400万円
代表者 代表取締役社長 松久 豊太郎
従業員数 100名

ACCESS / アクセス

Google Map

車でお越しの方へ

東海北陸自動車道・高速美濃IC出口を右折、国道156号線を郡上八幡方面へ。
にわか茶屋(道の駅)を越えた1つ目の交差点(曽代)を左折、新美濃橋を渡り切り後左折、数百メートル右手方向に当社正面入り口。

DAIFUKU SINCE 1934 / 大福製紙のあゆみ

美濃和紙と大福製紙のモノづくりにできること。
「紙を超える紙」で、暮らしや地域産業を支えていきます。

はじまりは謄写版原紙の機械生産から

大福製紙の歴史は、1934年、岐阜県美濃地方の和紙商であった松久永助が仲間とともに機械漉き和紙製造工場を設立したことにさかのぼります。当初は苦しい時期が続きましたが、手漉き和紙に比べ安価で安定した品質の機械漉き和紙は徐々に世の中に浸透。これにともない、当社は謄写版原紙から麺帯紙、西陣織の金銀糸用原紙まで、さまざまな製品を手がけるようになり、現在に至る事業の礎を築きました。

付加価値を持たせた特殊製紙の道へ

戦中から戦後にかけては大蔵省印刷局指定工場として操業するも、昭和24年、印刷局が民間調達を廃止したことを機に売上が激減。新たな道を模索する中、ある粘着テープメーカー様からお引き合いをいただき、マイカ(雲母)を張り合わせる電気絶縁紙の開発に成功しました。これを契機として、当社は機械漉き和紙事業から、和紙の特性を生かした特殊紙事業に大きくシフト。現在では科学技術も取り入れながら家庭用品、建築、医療、食品など幅広い市場に向けた高機能製品を展開しています。

和紙の新たな可能性をカタチに

美濃和紙の可能性を追求し、お客様と時代のニーズに合わせたオンリーワン製品を数多く生み出してきた大福製紙。私たちの原動力となったのは、長年培って来た抄紙技術と、飽くなきチャレンジ精神であったといっても過言ではありません。それらを企業DNAとして大切に守り、次代のモノづくりビジネスに取り組んでいきます。

昭和48年当時の工場と社屋の写真

昭和48年当時の工場と社屋
1934(昭和9)年 謄写版原紙の製造メーカーとして資本金5万円で設立。現在の場所に工場を建設し、1号抄紙機の操業を開始する。初代社長に松久永助が就任。
1942(昭和17)年 大蔵省印刷局の指定工場となる。昭和24年まで日銀券の紙料、日銀小切手用紙などを製造。
1945(昭和20)年 2号抄紙機増設。
1964(昭和39)年 中小企業合理化モデル工場の指定を受ける。
1966(昭和41)年 3号抄紙機増設。
1973(昭和48)年 社長に松久達三が就任。
1973(昭和48)年 紙の含浸塗工1号機を設置、特殊紙の製造に重点を移す。
1978(昭和53)年 4号抄紙機増設。
1982(昭和57)年 含浸塗工2号機を増設。
1991(平成3)年 含浸塗工N1号機を増設。
1995(平成7)年 社長に水野豊彦が就任。
1997(平成9)年 5号抄紙機を増設し、特殊紙の開発分野で更なる飛躍をめざす。
2003(平成15)年 ISO9001:2000の認証取得。
2005(平成17)年 ISO14001:2004の認証取得。
2009(平成21)年 社長に松久豊太郎が就任。

ISO / ISO認証取得について

2005年9月、ISO14001 : 2004の認証を取得しました

◎当社の環境方針

私たちは、「良い製品は良い環境から」の企業理念のもと、地域環境及び清流長良川の豊かな「自然との共生」を考え、「優れた製品造りを通して社会に貢献する」ことを目指す。
私たちは、全ての企業活動において地球環境の保全が最重要課題であるという認識を持ち、以下の方針を定め、周知徹底し実行する。

  • 廃棄物の削減・リサイクル・リユース、省エネルギー、省資源化と有害化学物質の削減・全廃を推進する。
  • 環境パフォーマンス向上に積極的に取組み、継続的改善をはかる。
  • 国、県、市の環境関連法令及び顧客等の要求事項を遵守する。
  • 地域社会との調和を図り、環境保全に努める。
  • 環境方針は社内外に公表する。
  • 登録書 登録書
  • 付属書 付属書

2003年8月、ISO9001 : 2008の認証を取得しました

◎当社の品質方針
  • 機能紙、特殊紙のメーカーとして、オンリーワン、ナンバーワンの製品・技術を確保し、広く顧客の満足度、信頼度を向上させる。併せて従業員の人間性を尊重し、収益性の高い会社造りを目指す。
  • 顧客のニーズに合った新しい品質の創造。
    顧客のニーズに合った品質の維持及び継続的改善。
  • 登録書 登録書
  • 付属書 付属書